SPサイト
HOME開発者に訊く
開発者イメージ

開発者に訊く

VIVAL αの開発経緯を教えてください
カスタム用ヘッドというと上級者や工房の「常連さん」が扱うようなイメージで、なかなか普通のユーザーが使えなかったんです。
だから、はじめてカスタム(オーダー)クラブに挑戦する方、向けに開発をスタートしました。
VIVALαクラブヘッド
VIVALα図面
開発のポイントは?
まず、誰でも簡単に打てること、ですね。
自社調べではゴルファーの90%はスライス系のショットで飛距離を損しています。そういった一般の方が簡単に飛距離を伸ばせるヘッドにしました。
具体的にこだわった設計は?
「顔」にはこだわりました。VIVAL αの「顔」(=クラウン)は右手で叩け、右手で捉まえていくんだ、というイメージが持ちやすいんです。さらに見た目の「違和感」を徹底的に排除しています。 引っかけそうだな、や右に飛び出しそうだな、といった不安、緊張感を生まない「顔」にしているんですね。
VIVALα解説面
どうして不安感とか緊張感が生まれるのですか?
人間は物と見たとき、実は瞬間的に物体の重心位置をイメージしているんですよ。クラブで言えばクラウンの膨らみ、各頂点とかでね。その仮想の重心点と構えたときの「顔」のシルエット、ワッグルした時の感触に相違点があると、不安になるんですよね。
SWC スパイダーウエブクラウン模式図
SWC(スパイダーウエブクラウン)とは
ボールがヒットした時、クラウンはたわむんですよ。そのたわみ方を全体均一にたわむようにするために、曲げ剛性を連続的に変化させたクラウンなんです。
クルマのフロント
具体的にどういう原理なの?
一番いい例、は自動車のボンネットです。ボンネット事故の衝突のエネルギーをつぶれることで吸収しますが、そのつぶれ方は全体で受け止めるようになっています。ボンネットの裏側を見ると、前方は剛性を上げ、後ろ側(ガラス側)は骨の間隔が広がっていますね。これは前側だけがつぶれないように剛性を上げている(硬くしている)んですよ。これをクラウンに応用しています。
松浦真也

開発者略歴

1973年 徳島県生まれ
1995年 埼玉大学工学部環境科学工学科卒業
1995年〜
2003年
空調機器総合商社にて原子力関連機器の基礎設計に携わり、材料力学、耐震工学、配管・溶接設計、品質管理等について研鑽をつむ。
2003年〜
2005年
ゴルフジャパン販売株式会社代表取締役。ゴルフジャパン赤坂店を運営しオリジナルクラブの製造販売に携わる。
2005年 日幸物産株式会社入社。
大手メーカOEMクラブの開発設計並びに工房支援業務に携わる。
2006〜
現在
同代表取締役社長 現在に至る。
松浦真也 松浦真也
日幸物産株式会社
〒179-0084 東京都練馬区氷川台4-59-4 TEL:03-3994-1033 FAX:03-3994-9354